テスト環境の作り方

no_image ワードプレス
no_image

すでに運用されているwebサイトを改修する作業を行いたい場合、いきなり本番サーバーを使用し開発することはとても危険です。

変更してはいけないものやデータを消去してしまった場合に取り返しのつかないことになってしまいますし、制作過程をユーザーに見せてしまうことはよくありません。

ですので0から制作するのではなく、既存のwebサイトを改修する場合は本番サイトと全く同じ開発環境を制作する必要があります。

 

事前に必要なもの/作業手順

事前に必要なもの

【本番サーバーのFTP情報】
ホスト(H)/ユーザー(U)/パスワード(W)

【開発環境サーバーのFTP情報】
ホスト(H)/ユーザー(U)/パスワード(W)

【FTP接続ソフト】
FileZilla/ForkLiftなど。おすすめはFileZillaです。ダウンロードはこちらから
mac windows

【phpMyAdmin】
DBをGUIで操作するツール。
ほとんどのレンタルサーバーに標準で存在するが、ない場合はこちらを参考にサーバーにインストールしましょう。本番、開発環境ともに必要です。

作業手順

ほとんどのブログ機能付きwebサイトはWordPressで管理されています。
WordPressで管理されたwebサイトの場合、移行するデータは大きく分けて以下の2があります。

  • DBのデータ—–①
  • サーバーのルートディレクトリ以下のデータ—–②

この2つのデータを本番からコピーして開発環境にペーストすること同じ環境を再現することができます。

 

  1. 本番サーバーのDB(データベース)をエクスポート
  2. 本番サーバーのファイルをダウンロード
  3. パスを開発環境のパスに変換
  4. エクスポートしたデータを開発環境のDBへインポート
  5. ダウンロードしたファイルを開発環境へアップロード
  6. DB情報を設定

本番サーバーのDB①をエクスポート

phpMyAdminへログインし、エクスポートのタブをクリックしエクスポート画面を開きます。

設定などは変更せずに実行をクリックします。

実行をクリックするとダウンロードが始まります。

DBのエクスポート

ダウンロードしたデータは念のためバックアップとしてとっておきます。

本番サーバーのファイル②をダウンロード

FTPソフトを使って本番サーバーへアクセスし、サイトやWordPressを構成しているファイルや画像などをダウンロードします。

ダウンロードをするファイルはルートディレクトリ以下のファイル全てです。

ルートディレクトリとは→

FTPソフトの使い方はこちらを参考

パスを開発環境のパスに変換

ファイル②をダウンロードしている間にエクスポートしたDBデータ①のパスを変換します。

現在はデータに保存されているパスが本番のパスになっているので開発環境用のパスに一括置換しなければいけません。

https://本番のURL.com → https://開発環境のURL.com

vscodeなどの一括置換機能を使用すると簡単です。

ミスった時のためにバックアップをとっておくと再ダウンロードの手間を省けます。改修作業後、本番反映する際にどうせバックアップをとると思うので今の内に取っておくのが良いです。

パスを変更したデータを開発環境のDBにインポート

パスを変更した方のデータ①を開発環境のDBにインポートします。

開発環境にDBが存在しない場合はこちらを参考にDBを制作してください。参考にはエックスサーバーでの制作方法を紹介しますが、他のサーバーでもほとんどやり方は同じです。ググればすぐに出てきます。

エクスポートした時と同じく、phpMyAdminを使用します。

phpMyAdminへログインし、インポートのタブをクリックし、インポートの画面を開きます。

「ファイルを選択」ボタンをクリックし、先ほどパスを変更したファイル①を選択し、実行ボタンをクリックします。

DBのインポート

ダウンロードしたファイル②を開発環境サーバーへアップ

.htaccessと.htpasswdなどの設定ファイルを除いた全てのファイル②を開発環境のサーバーのルート直下にアップします。

こちらのファイルはベーシック認証などの通信に対しての設定を行うファイルです。

サーバーによって様々ですのでもともと設置されているものを使用するのが無難ですのでこれらのファイルを上書きしないように注意しましょう。

DB情報を設定

ダウンロードしてきたファイル②にwp-configというファイルがあります。

こちらのファイルのデータベース設定情報の部分が本番のDB情報のままですので変更します。

wp-config.phpファイルを開くと以下のコードがありますのでそちらのデータベース名/ユーザー名/パスワード/ホスト名を開発環境のDB情報に変更します。

MySQLのホスト名はサーバーによってことなりますが、もし「localhost」にもかかわらずエラーが出てしまった場合にはlocalhostの別名「127.0.0.1」を試して見てください。

 

以上で完了です。

URLを叩いてアクセスし、同じ環境が再現されていることを確認してください。

アクセスできない場合は

  • .htaccessなどの通信設定系ファイル
  • wp-config.phpのDB情報
  • パーミッションの設定

などを疑って、修正を行ってください。

まとめ

必要なもの

  • 本番サーバーのFTP情報
  • 開発環境サーバーのFTP情報
  • FTPソフト
  • phpMyAdmin

作業手順

  1. 本番サーバーのDB(データベース)をエクスポート
  2. 本番サーバーのファイルをダウンロード
  3. パスを開発環境のパスに変換
  4. エクスポートしたデータを開発環境のDBへインポート
  5. ダウンロードしたファイルを開発環境へアップロード
  6. DB情報を設定

必要な設定

  • エクスポートしたDBデータのパスを本番環境のパスから開発環境のパスへと変換
  • wp-config.phpのDB情報を本番環境の情報から開発環境の情報へと変換

 

以上

コメント

サンプル1
タイトルとURLをコピーしました