エックスサーバーでSSL化してセキュリティを強化する方法

アイキャッチ_エックスサーバーでssl化する方法 ワードプレス
アイキャッチ_エックスサーバーでssl化する方法

ワードプレスでサイトを立ち上げたらすぐにでも記事を投稿したいですよね、

でもちょっと待ってください。

記事を投稿する前にやるべきことがいくつかあるんです。

 

セキュリティー強化
テンプレートの有効化
SEOや収益化を促進するプラグインの導入

 

今回はセキュリティー強化。SSL化のやり方について解説します。

 

この記事を読めばこんなことがわかる

SSL化とは?なぜSSL化した方がいいのかわかる
エックスサーバーでSSL化する方法がわかる
SSL化したサイトに自動でアクセスを切り替えるリダイレクトの方法がわかる

そもそもSSL化とは?

SSL化とはインターネットの通信方法をhttp方式ではなくhttps方式での通信方法に切り替えるものです。

従来はhttpプロトコルという方法で通信をしていましたがよりセキュリティー性が高いhttpsというプロトコルが開発されたためhttpよりセキュリティーの強固なhttpsで通信した方がいいよね。

じゃぁ統一しようってことでSSL化が推奨されています。

推奨ですのでSSL化しなくとも大丈夫です。

ですが推奨というなの半強制のようなところがあります。理由は後ほど

 

プロトコルとは通信するときのルールです。

 

GoogleのアップデートによりSSL化が必要となりました。

SSL化が半強制と言われる理由はGoogleのアップデートによりSSL化していないサイトにアクセスするとGoogleから警告がでるようになったのです。

しかもその警告文が強烈なのです

 

このサイトはプライバシーの保護がされていません。悪意のあるユーザーによってパスワード、メッセージ、クレジットカードなどの情報が盗まれる可能性があります。

 

このような文が表示されます。

このような警告が出ているサイトなんて誰も使いたくないですよね。死活問題です。

この警告のおかげでSSL化は半強制的なものになりました。

 

エックスサーバーでSSL化する方法

ssl化方法1

ssl化方法

エックスサーバーのサーバー管理画面にログインして「SSL設定」をクリックします。

 

ssl化方法2

ssl化方法

 

SSL化したいドメインを選択して

ssl化方法3

ssl化方法

「追加する」をクリックします。

 

はい、完了です。

めちゃくちゃ簡単ですね。

リダイレクト設定をする

リダイレクト設定とはあるURLでアクセスした場合自動的に任意のURLに飛ばしてくれる設定のことです。

 

SSL化すると、あなたのサイトにhttpでもhttpsでもアクセスすることができるようになります。

せっかくこっちがSSL化したのにユーザーがhttpでアクセスしてしまえば元も子もないのです。

 

ですのでリダイレクトの設定を行いhttpでアクセスしても強制的にhttpsのサイトにアクセスを飛ばしてユーザーの離脱を防ぎましょう。

 

 

リダイレクト設定の方法

リダイレクト設定

リダイレクト設定方法

 

サーバー管理から「htaccess編集」をクリックします。

リダイレクト方法

リダイレクト設定方法

 

リダイレクト設定したいURLを選択します。

リダイレクト方法2

リダイレクト設定方法

htaccess編集で

 

を# END WordPressの上に追加記載して「確認画面へ進む」へクリックします。

 

リダイレクト設定できているか確認しよう!

リダイレクト確認

リダイレクト確認

 

httpでアクセスして勝手にhttpsで鍵付きのサイトに飛ばされればokです。

 

まとめ

 

まとめイメージ

 

SSL化とはセキュリティーを強化することです。

SSL化をしていないサイトは淘汰されます。

 

リダイレクトとはあるURLでアクセスするとこのURLにユーザーを飛ばすことができるものです。

リダイレクト設定をしないとユーザーがhttpでアクセスするとそのままhttpのサイトにアクセスしてしまうのでSSL化した意味がなくなります。

ですのでhttpでアクセスしても勝手にhttpsのSSL化されたサイトにアクセスするようにリダイレクトの設定をしましょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました